コピーライター・かたつむりによるコピーライティング。文章での営業・販売戦略構築。映画のストーリーのような引き込む文章で集客を。

最良の英語学習とは

HOME > 英語に関するコピーライティング > 最良の英語学習とは

英語に関する秀逸なコピーライティング文章

木坂健宣さんの書いた英語教材に関するコピーです。
  

“結局、最良の英語学習とは一体どういうものなんだろうか?”

世の中には「必須」と言われることが多いスキルというものがいくつかあります。

例えば「コミュニケーション力」であったり「論理的思考力」であったり「空気を読む力」であったり、ビジネスなどでは「マーケティング」とか「コピーライティング」とか「企画力」とかそういったものが挙げられることが多いでしょう。

もちろんそれらはとても大切な力ですが、大切さという意味で、また万人に必要という意味で、「英語」の右に出るものはないのではないかと、個人的には思います。

英語というのはもはや「スキル」ですらなく、世界水準で見れば、「できて当たり前」の空気のようなものになって久しいというのが現実です。

日本にいると英語ができてもできなくても、基本的には平穏に生きていくことができるのであまり気になることはないのですが、一歩外に出たら、英語ができないというだけで誰からも相手にされない現実が広がります。

そもそも論として、日本国内に引きこもっていても、英語ができるのとできないのとではアクセスできる情報の質と量に雲泥の差が出ますし、今この文章を読んでいるくらいの人になれば、すでにそれを実感している人も多いのではないでしょうか。

ふとある情報が必要な時に、その情報が英語でしか見つからない。

そこで「ああ、ダメだ」と諦めるのか、当然のように目の前にあるその英語の情報を読み込んで次のステージに進むのか、そこが人生の質を分けるポイントになると言えば言い過ぎでしょうか?

英語を日本語と同等に使えることは、これからの人生にとってあまりインパクトのないことでしょうか?

2011/07 英語セミナーの案内PDFより引用

ジャンルの違う読者に「英語」に興味を持たせる

英語とは関係の無い「ビジネス」に関するメルマガ読者に向けて、英語に感心を持たせる、英語教材の導入部分のコピーです。

メルマガテーマである「ビジネス」にとって、いかに「英語」が重要であるかを話し、英語とビジネスを結びつける。「ジャンルの違うものを売る」には非常に参考になると思います。(※これは木坂さんの意見ではなく個人的な感想です)

ネットビジネス大百科のコピーライティング(セールスレター)のパートを担当しただけあって、木坂さんの文章は非常に参考になります。

>> 次へ(英語を当たり前に使える日常)
>> 英語に関するコピー一覧に戻る

>> コピーライティングカテゴリに戻る
>> トップページに戻る