お金を借りたい

お金を借りたい

MENU

何とかして今すぐお金を用意しなければいけない

「お金を借りたい・・・」
そんな状況は他人事ではなく誰にでも訪れる可能性があるものです。

 

急な出費や給料が足りないなどの理由で、小さな金額であれ、大きな金額であれ、お金が必要になるケースというのは誰にでも起こりうることです。

 

そんな時に貯金などがあればいいのですが、今の時代は貯金をするのもなかなか難しいものです。

 

何とかしてお金を用意しなければいけない、そうしないとこれ(結婚式のご祝儀だったり旅行や付き合いの飲み代だったり)が払えないから断らなくてはいけなくなる!

 

というように人間関係のためにお金が必要なパターンや、家賃の更新料など、払わないと生活が出来なくなってしまうような急な出費もあります。

 

お金って誰にどうやって借りますか?

 

このとき、親や友達などお金を貸してくれる人がいれば良いのですが、お金というのは人間関係を壊すものです。親子ならまだしも、友達にお金を借りて、もし返せなくなったりすると大事な友達との関係が壊れてしまいます。

 

そもそも「お金貸して」と言われた時点ですでに不快な人もいるし、貸している間は全額返ってくるまで、相手は心配になります。頼まれたときは友達が困ってるし「いいよ」と言ったけど、お金が返ってくるまではどうしても「本当に返ってくるのかな?」と不信感がわいてしまうものです。返済期限を延長されたりしたらなおさらその不信感は大きくつのります。

 

借金を断られれば自分も不快になるので、友達にお金を借りるという行為はどちらにしても人間関係が壊すものです。

 

なので友達にお金を借りるという行為は、良いことが全くありません。

 

借りるときは「返す気持ち」があっても気の緩みから返したくなくなる

 

親への借金も、ほとんどのケースでは、借りるときは返す気持ちがちゃんとあっても、親子の甘えというのもあり、生活が大変だったり欲しい物があったりするとなんとなくそちらを優先してしまい、返すのが嫌になってしまうものです。友達の借金でも仲が良い相手だとそうなってしまう人も多いようですね。

 

なので財布を忘れたなどの「明日すぐに返せる借金」なら良いのですが、そうでない場合は友達や家族など「人間関係のある人」に対してお金を借りるというのはお勧めすることが出来ません

 

人間関係や信頼関係はお金では解決出来ませんからね。でもお金の問題で壊れるものです。

 

人間関係が壊れる原因や理由って、お金か色恋沙汰がほとんどですよね。

 

じゃあどうすればいいんですか!?

 

じゃあ、どうしてもお金が必要になって、誰かにお金を借りないといけないという場合どうすればよいでしょうか?

 

銀行強盗や万引きでお金を稼ぐしかないのでしょうか?

 

そんな事はありません。カードローンやキャッシングなどお金を貸す仕事をしている銀行などからお金をかりればいいのです。

 

キャッシングというと昔は消費者金融の怖いイメージがありましたが、今はだいぶイメージは良くなりました。銀行のグループ会社が行っている銀行系カードローンもあるし、昔と比べて法律も厳しくなったので、返せないほどの借金を負ってしまうこともほとんど無くなりました。(そんなに大金を借りることができなくなったし、利息も法律で上限が設けられました)

 

なので、テレビCMをやっているところや当サイトで紹介するようなまともな会社のカードローンやキャッシングなら大丈夫です。電話ボックスに貼ってある「誰でもお金貸します」みたいな怪しいチラシの闇金融などで借りたりしなければ、漫画「闇金ウシジマくん」のような恐ろしい目に遭うことはまずありません(笑)。

 

今の自分のまわりの人との人間関係が壊れる心配もないし、万が一自分の中で予定していた日に全額返済できなかったとしても、決められた毎月の最低限の返済金額さえちゃんと返して利息を払っていればいつまでも待ってくれます。利息がむこうの収入になりますからね。

 

でも、返済期限が延びればその分利息を払わなければいけなくなるので自分への甘えも起きにくいです。

 

利息を払うのがもったいない

 

次に問題になるのか「利息を払うのがもったいない」という事です。

 

確かに親や友達に借金をすれば利息を払う必要はないかもしれません。

 

その代わり、借りてる期間が長くなれば長くなるほど、返済期限を延ばせば延ばすほど人間関係(信頼関係)はじわじわと壊れていきます。

 

一度壊れた信頼関係はお金を返したからといって完全には回復できないものです。

 

そう思えば、年間で十数%の利息(1ヶ月なら1〜2%)、例えば1万円借りたなら1か月で100円から200円くらいの利息の支払いで、大事な人との信頼関係を壊さずにピンチを乗り切れるなら安いものだと思いませんか?そのくらいの利息をケチって大事な友達との信頼関係が壊れる方がよっぽど大きなリスクだと思います。

 

また、カードローンやキャッシングなら「借金をしなければいけないほどお金に困っている」ということを周りに知られることもありません

 

今はインターネットやスマホで簡単にキャッシングの申し込みをすることが出来ます。

 

一度カードを作ってしまえば、何度でもピンチの時には頼ることができます。

 

お金を借りるときの注意点

 

ただし、カードローンやキャッシングにも注意点があります。

 

今までの話は全て「短期間で借りたお金を全部返せること」を前提として話しています。

 

すぐに返せない借金、例えば収入を生活費が上回ってしまっている状態での出費をカードローンやキャッシングなどに頼ってしまうと、ただの一時しのぎ、問題の先送りにしかなりません。それどころか返せない期間は利息がどんどん膨らんでさらに大きなお金の問題が発生します。

 

カードローンやキャッシングは、一時的にどうしてもお金が必要で「確実に返せるあてがある借金」だけに使うようにしましょう。

 

なので、確実な返す当てがなくお金に困った場合はカードローンやキャッシングではなく、まず家計を見直してみてどうしてもダメなら恥を忍んで親に頭を下げてお金を借りることをおすすめします。そういうケースだと借金が返せなくなる可能性が高く、そうなれば友達に借りると迷惑をかけ、信頼関係も壊れるので、友達への借金はしないことをおすすめします。

 

カードローンやキャッシングでよくある失敗

 

また、カードローンやキャッシングでよくある失敗として、キャッシングの枠を「貯金」のように思ってしまい、枠があると使ってしまう人がいます。30万円の利用枠ができたら30万円使ってしまい、毎月利息だけ返済しているような状態にです。これは絶対にしてはいけません。

 

特にパチンコや競馬などのギャンブルをする人、キャバクラや風俗などに通う人、高級ブランド品が好きな人はこの傾向が多いようです。

 

繰り返しになりますが、カードローンやキャッシングは一時的にどうしても必要で、確実に返せるあてがある借金だけに使うようにしましょう。

 

このルールを守っている限り、キャッシングはとても心強い味方になってくれます。逆にこのルールから外れてしまうと、高い利息に苦しめられて恐ろしい目に遭う可能性もありますので注意して下さい。

 

カードローンやキャッシングを考える前に

 

カードローンやキャッシングを考える前に、「いつ返済できるか」という計画をしっかり考えましょう。

 

  • 次の給料日に返せますか?
  • 次のボーナスなら返せますか?
  • それは「確実」ですか?

 

その答えがちゃんとあるならインターネットから申し込みをしてキャッシングのカードを作っても大丈夫だと思います。

 

「パチンコで勝って返す」とかは不確実なのでやめておきましょうね。