家のローンやカードの引き落とし、お金を借りて今月の引き落とし分だけしのぎたい|お金を借りたい

家のローンやカードの引き落とし、お金を借りて今月の引き落とし分だけしのぎたい

MENU

家のローンやカードの引き落とし、お金を借りて今月の引き落とし分だけしのぎたい

 

急な出費が重なってピンチ!
断ることができない冠婚葬祭の出費はどうしたらいい?

 

ちょっと今月はお金が厳しい、なんてことはありますよね。
私の場合は、先月がそうでした。
どうしてお金が厳しかったのかと言うと、結婚式が固まっていたからです。

 

友人、会社の同僚、妻の親族、と3組も出席することに。
毎週結婚式に行くなんてことあるのか、と思ってしまいましたが、
こういうのも重なるものなのでしょうか。

 

生きている内に、1度あるかないかくらいの確率かもしれませんね。
政治家の人たちなら、さらに冠婚葬祭でお金を使うのかもしれませんが、
一般庶民である私がこんなことになるなんて夢にも思っていませんでした。

 

毎月支払いで生活がカツカツです。これでは赤字になってしまう・・

 

さほど貯金があるわけではないですし、おめでたい席なのでお祝いのお金をけちるのも
如何なものかと考え、妻とも相談したのですが何とかその費用を捻出することにしました。

 

でも、結婚式に行くということは、ご祝儀のお金以外にも
細かい部分でお金が必要になるものです。
ケチと思われるかもしれませんが、交通費、礼服の
クリーニング費用、二次会産費用などなどあわせれば
バカになりません。

 

さすがに断れるところは断りましたが、それでも結局はその月だけ完全に赤字もいいところです。
何とかして補填しておかないと、家のローンやクレジットカードの引き落としをすることができません。

 

キャッシングを利用して結婚式のご祝儀などの費用を乗り切ることに

 

来月からは落ちつくので、何とか今月だけは費用を捻出しないと
考えた時に、利用したのがキャッシングですね。

 

後になって気付いたのですが、
キャッシングカードは1枚あると本当に便利です。
お金を貸してくれというのは、親兄弟であっても
なかなか言えないものですよね。

 

そんな時に、キャッシングカード1枚あれば、限度額まではお金を借りることができます。
しかも、最近のキャッシングがすごいのは、短期間で返済したら利息がつかないというものです。

 

借りたお金だけを返済するのですから、本当に便利だと言えるでしょう。
キャッシングに頼りすぎるのは良くありませんが、ピンチをしのぐ時には
心強い味方になってくれますね。