ボーナスが出たときに仕送りは増額する?

毎年夏と冬に支給されるボーナスを心待ちにしている方は

非常に多く、特に最近では給与の基本給がベースアップすると共に賞与も上がる話も時おり聞かれるようになりました。

 

賞与は基本的に会社全体やその部署、または個々の従業員の
実績などにより算定されることになり、全国の平均賞与は
82万円ほどとなりますので、家族で何に使うか笑顔で
話し合いをすることになります。

 

ただボーナスという収入がある一方で出費が大きくなる場合もあり、
例えばクレジットカードで大きな買い物をした際にボーナス払いを
指定すると、その時期に併せて大きい金額の引き落としがされる事になります。
また自動車ローンや住宅ローンなどでも毎月定例返済に加えて賞与併用返済を選択することもありますので、得られた金額をそのまま使うこともできません。

 

また賞与があった月には親への仕送りも増額するかという点で悩むことも
あるのですが、一般的にはどのような対応がとられているのでしょうか。
この点に関しては公的な調査が行われていませんので実態はわからないのですが、

親への仕送りを行っている方の場合は実家にこれまで
育ててくれたことを感謝していたり、経済状況に気を掛けるなど
一般の方よりも意識が高いため、ご自身の収入が増えた時には
それに伴い送金額を増額するケースがあります。

 

仕送りを増額する場合は配偶者の理解も必要

ただそれも全ての世帯で行われているわけではなく、
子育てが大変な時期であればそちらの方にお金をあてたいものです。
これからマイホームを購入する方やすでに購入した方も、
頭金を増やしたり繰り上げ返済をすることで利息負担分を圧縮させたい意図もありますので、こうした事情により実際に増額が行われるか否かは対応が大きく異なります。

 

 

またご家庭によっては元より配偶者が
義実家に仕送りすることを嫌がることも多く
ありますので、反感が強い場合は金額を
増やすこともできず見送りせざるを得ない
場合もあるため、事前によく話し合いし
調整を行う必要があります。