親への仕送りがきつくなってきたときの言い訳集

親への仕送りは実家の生活を安定させると共にこれまでの

感謝という意味合いもあるものですが、
その費用を捻出することがきつくなる場合もあります。

 

昨今では景気が上向きになりつつあるといいますが、
そのことを肌で実感している方はまだ少なく、
倒産件数は減少に転じたといいますが
四苦八苦している会社や個人商店の方も非常に多いようです。

 

給料が減少したりボーナスが減少すると今までのように
実家に送金することが難しくなる場合があります。

 

また収入が減らなくても出費の方が増大することもあり、
例えば子供が産まれたことや子供の成長に伴い学費が掛かることもありますし、
マイホームを建てたことで毎月のローン返済が苦しくお金を回すことが困難になる
ケースもあります。

 

特に学費に関しては公立の幼稚園で3年間合計でおよそ73万円、
小学校でおよそ200万円、中学校でおよそ141万円といった費用が
平均額とされております。
またかつて話題になった高校無償化も平成26年度入学者からは
授業料の無償制度が廃止されることになり、塾や大学受験の費用なども
含めるとさらに大きな金額が必要になります。

 

このように収入減や出費増が重なれば日々の節約でも賄うことがきつくになり、
聖域ともいえる仕送りに関しても金額を減らさざるを得ません。

 

言い訳といっても嘘をつくのは禁物です

では親への仕送りがきつくなったときには
どのような言い訳をすると良いのでしょうか。

 

まずは親の性格を考えどのような反応をするか予想したうえで
熟慮する必要があるのですが、親子関係もしくは義実家関係が良好で率直に話せる場合はなぜお金が足りないのか率直に話せばよいでしょう。

 

浪費したためではなく子供のことや住宅ローンなどを言い訳にすれば
納得しやすくなります。

 

関係が悪化しない程度の“盛り”は許容範囲

 

ただ仕送りをとめることに対して何かしら嫌味を
言われるような場合には、率直に話すのではなく
多少は内容を盛っておきましょう。

 

子供の学費を水増しした金額で話をしたり、または子供をだしにして
過度に節約を強いていることを話すのも相手の同情を誘う言い訳として使えます。