仕送りだけでなく時々は顔を見せてあげる

忙しい日々の生活を送る中では見過ごしがちなことも非常に

多く、後になりふと気がついて後悔する事も多々あります。

 

とりわけ親との関係はついおろそかになりがちで、
仕送りをきちんとしている方でも必ずしも親について
気にかけているわけではなく、毎月の送金がどこか
機械的になったりお金さえ送れば良いだろうと安易に
考える場合もあります。

 

確かに仕送りを受け取ることにより生活を安定させることができます。
その点については大いに感謝しているはずですが、親からしてみればいつまでたっても
子は子となりますので、長い期間に渡り実家に帰らなかったり顔を見せてあげなければ
寂しいと感じる事もあります。

最重要なのはお金ではありません

特に年を重ねる中では自身の老化や体力の衰えと向かい合う事になるのですが、
昔感じたような自信はどこかに消え失せてこの先さらに衰えていく自分を想像すると
弱気になったり、子供に頼りたいと感じるようになります。

 

そうした心に生じた影は豊かな生活ができても決して消えることは無く、
自分をよく理解している家族との関わりが無ければ不安が助長されていく
事になります。

 

寂しいと感じた時にそのことをすぐ口にできる方であれば
考えていることが読みやすく、こちらもすぐに対応することができるのです。

 

しかし、そうした話を弱音にとられると考えあえて口にしなかったり、
また子が忙しい毎日を送っているのかと遠慮がちになり思っていることを
口にしないケースもあります。

 

できるだけ帰れる時は帰り、仕送りだけでなく顔を見せることが非常に
重要になるのですが、一般的にはどれくらいの頻度で実家に帰るものなのでしょうか。

 

連休などはできるだけ顔を出してあげましょう

この点に関しては公的な調査が行われていないのですが、
あるインターネット調査では年に数回と回答された方が
ほぼ半数を占めており、年始年末や夏休み、
ゴールデンウィーク、連休、お彼岸などのタイミングで
顔を見せることが多いといいます。

 

せっかくの休みぐらい静かに過ごしたい希望は誰もが持つもの
ですが、こうしたタイミングで実家に帰省することも一つの
親孝行になります。