親への仕送りの周期はどれくらいか?

実家に仕送りをする際にはどれくらいの金額を送るかと

共にどのような周期で送金するかも考える事になります。
一般的に電気やガスなどの支払いからクレジットカードの支払いまで1ヶ月単位で決済が行われますので、親への送金もまた1ヶ月周期で行うケースがもっとも多くなります。

 

毎月のように生活費が届くのであれば受け取るほうは安心することができますし、
月内でお金が足りなくならずすぐにまた振り込み日を迎える事になり、
安定した生活を営むことができます。

 

ただ受け取る側からすれば毎月振り込みがあることで安心できる一方で、
仕送りをする側からすれば送金するごとに振り込み手数料がかかるため、
日々節約に取り組んでいる主婦の方からすればその費用を削減したいと
考えることになります。

 

2ヶ月に1回仕送りする利点

近くにお住まいであれば直接手渡しでもよいのですが遠方に
お住まいであればそれも難しく、また親の気持ちとしては
子供から直接手渡しされることに違和感を覚える場合もあります。

 

こうした様々な要素を踏まえて毎月の送金ではなく
2ヶ月に1度の送金にまとめることで振り込み手数料を
圧縮させるケースがあります。

この場合は2か月分をまとめて送金する事になりますので
金額としてより大きく感じさせるといった作用もあります。

 

また月ごとに定期的にお金を送金するのではなく、ボーナスのときだけ送金する
ご家庭もありますので、この場合は夏と冬の年に2回の周期で送金する事になります。

 

ただすでに幾度と無く親に仕送りをしている方の場合は2ヶ月に1回の送金に変更し
振り込み手数料を圧縮しようと考えても親から反対されることがあります。

 

意見が衝突しないようにコミュニケーションを図りましょう

費用の節減をしたいこちら側の考えと、毎月受け取りたい
実家側の考えにはおおきな開きがありますので、
この場合はどちらかが妥協をする事になります。

 

やはりお金を出している点で子供の家庭の方に強みが
ありますので、あまり意見は衝突することがないよう
十分に気をつけながら話し合いを上手く取りまとめましょう。