親への仕送りを始めるタイミングはどの時期?

 

親への仕送りは毎月行うことから固定費になるため、いつどのようなタイミングではじめるべきか、
またどれくらいの金額を渡すべきか頭を悩ませる
事になります。

 

とりわけどの時期にはじめるかタイミングを計ることは非常に重要で、
これは支払う側の財務的な問題が大きく絡むだけでなく、
親が必要としているかなども見極める必要があるのですが、
基本的には無理をせずご自身ができる範囲で送金することが
理想的となります。

 

では具体的にどの時期にどのようなタイミングで仕送りを始めるのが
一般的なのでしょうか。

親がまだ現役で働いている場合

まず実家が現役世代の場合は子どもより所得が多い場合がほとんどとなり、
子供にお金を出してもらうことに抵抗を感じるケースが多くなりますので、
生活状態を見つつ必要性を感じない場合はとくに渡す必要はありません。

 

ただ感謝の気持ちとしてどうしても渡したいのであれば、
相手方が受け取りやすいようにお金ではなく商品券であったり、
旅行クーポンなどを選ぶ事によって実家も変に意地を張ることも
無く素直に受け取ることができるでしょう。

親が退職している場合

続いて会社を退職する際についてですが、この時期に仕送りを始める方が非常に多く、第2の人生をより安定して歩んでもらうと共に、将来に不安を感じないようにするために送金を開始することになります。

 

続いては少数派となりますが子ども自身が就職した段階で早々と実家に送金する場合もあり、金額としては少ないのですがそれ以降継続して送金を続けて、ボーナスや昇給の際にやや多めの金額を送る事になります。

 

また親がある程度生活力がある場合には特に仕送りをする
ことも無く、ボーナスが出た時や体調を崩したり介護が
必要になるタイミングで送金を始める場合もあります。

 

とくに介護が必要になると施設の利用料をはじめとして
特別なベッドを購入したり自宅をバリアフリーに改装するなど
より多くの出費が必要になる場合もあり、そうなると実家への
送金は欠かせなくなります。