養育費を払いたくない!払わない方法ってありますか?|養育費のトラブル解消

養育費を払いたくない!払わない方法ってありますか?

養育費を払いたくない!払わない方法ってありますか?

離婚をする親は、離婚後の子供の衣食住や教育、医療などの生活について、自分自身と同じ水準の生活を保障する義務があります。
従って、単純に支払いたくないからと言って養育費を支払わないことはこの義務に違反します。

 

 

養育費はその後の親権によって義務が変わるものでもありません。

 

また、一度決めても、その後の子供の養育状況によっては金額の変更も認められています。

 

ただ、離婚後の生活や収入状況によっては、この義務は軽減されます。
しかし、大半の方は離婚前後で仕事の状況が一変することはありませんから、基本的には養育費を支払わなくて良くなる方法はありません。
強いてこの養育費の支払いをなくす方法があるとすれば、離婚事由による慰謝料の金額との相殺でしょうか。
離婚事由が妻の浮気や暴力等、妻側にあり慰謝料を請求する場合、自分が支払う予定の養育費の総額と相殺することは可能になるでしょう。

 

また、離婚後の取り決めは示談(夫婦間のみ)で行う場合と、裁判所や弁護士を使って行う場合の2通りがあります。
裁判所や弁護士を通す場合、法的に有効な公正証書類を残しますので、養育費は基本的に支払いの義務として含められます。
ただし、夫婦間での約束事として交渉の下、養育費の負担はしない旨約束をすれば、養育費を支払う必要はなくなります。
しかしこれも前述したように、取り決めたものの後にやはり必要とされ再度取り決め支払が生じることもあります。
従って、示談交渉をする場合にも、取り決めをした事は公正証書に起こして法的な約束として残せば良いでしょう。

 

 

示談交渉

養育費を払いたくない!払わない方法ってありますか?

険悪な状態や混乱している状態では示談交渉はまず成立しません。
まずは離婚について真剣に向き合い、夫婦でその後のことをしっかりと決めることです。
そうすれば、離婚後の養育費もお互いの同意の上で支払わなくて済むかもしれません。

 

理解しておきたいのは、
親の離婚に子供は何の罪も無いということで、まずは子供の将来を一番に考え、夫婦で真剣に向き合って話すことが大切です。


ホーム