相手が再婚しても養育費は払い続けなければいけないの?|養育費のトラブル解消

相手が再婚しても養育費は払い続けなければいけないの?

相手が再婚し、子供が再婚相手と養子縁組をした場合、再婚相手が子供の扶養義務を負います。

 

その為、その時点で原則として養育費の支払義務は解消されると考えて良いでしょう。
相手の再婚を知った時点で養育費をどうするのかを再度話し合う、もしくは離婚時に再婚時の養育費の取り決めも忘れずに決めておくことが大切です。
ただ、その相手が養育に十分な収入が無い場合等は例外として支払う必要が残ります。

 

 

養子縁組をしない場合

相手が再婚しても養育費は払い続けなければいけないの?

養子縁組をしない場合は扶養義務が生じない為、法的には支払う必要が消えませんが、事実上の扶養が認められる場合は養育費の減額や支払いの停止を認められることもあります。
しかし、全てを法の下で決めるわけではありませんので、その場合はしっかり状況を見て減額や停止の話し合いをするのが良いでしょう。
また、相手の再婚が知らされずに養育費を支払い続けた場合、後から発覚すると再婚時点から発覚時までの支払額の全部又は一部を返還する請求もすることができる可能性もあります。
その場合は大抵が弁護士や裁判所を通すことになり揉める可能性もありますので、それを防ぐ為にも離婚時に再婚する場合の約束事もしっかり決めておくのが良いでしょう。

 

 

離婚時の注意

相手が再婚しても養育費は払い続けなければいけないの?

離婚時にはその先のプランを想定し、再婚時のケースも考えながら養育費の約束を決めることです。
法律や裁判所での事例等では離婚や養育費の減額、再婚時のトラブルもたくさんあるでしょう。
しかし、裁判所や弁護士を雇えばそれだけお金がかかりますし、活用するということは揉めている等、直接交渉できない状況にあると言えます。
このようなその後のトラブルを防ぐ為にも、離婚時にしっかりと話し合いをすること、そして
公正証書で決めたことを守るべく措置を取ることが大切です。

 

しかるべき手順でその後の想定まで行い、具体的に約束事を決めておけば将来のトラブルを防ぐことができます。
それこそ、子供の将来を守るのは親の義務です。
まずはそれを忘れずに、子供のことを一番に考えてあげてください。


ホーム