養育費は後からでも支払ってもらえます|養育費のトラブル解消

養育費は後からでも支払ってもらえます

養育費は離婚した後でも取り決め支払ってもらうことができます。

 

養育費の取り決めなおし

養育費は後からでも支払ってもらえます

養育費は子供を親が用意できたのと同等の環境下で育てられるよう取り決め支払うものです。
しかし、親の状況は将来に渡って変化があるものですから、裁判所でもその
収入等の環境変化によって額の変更さえも認めてもらえる事例もあります。

 

養育費は子供を育てる親が受け取りますが、親のお金として受け取るのではなく、その権利は子供にあります。
従って、離婚時に養育費は支払わない、受け取らないと取り決めたとしても、子供が養育費を受け取る権利を失う訳でないのです。
事情に応じて、養育費は取り決め直すことができるのですね。

 

しかし、一度取り決めた約束ですから、それを覆すことはなかなか難しく、大半のケースでは後から支払いに応じる人はいないでしょう。
また、元夫との連絡手段や連絡しても応じてくれないことが予測されます。
これを実行する為には、裁判所や弁護士を通さざるを得ないケースが大半になります。
裁判所での費用や弁護士費用はそれこそ高額になります。
後になって養育費を支払ってもらいたい母子家庭は、大抵がお金に困っている家庭になりますから、着手金等の先に払わないといけないお金が用意できずに断念する母子家庭も少なくありません。

 

養育費の取り決めなおしの方法

養育費は後からでも支払ってもらえます

しかし、こういった場合には、まずは諦めずに手段を考えたり、近くの相談できる人や役所等へ相談してみましょう。
FP等の身近な相談役とお付き合いしていてもとても心強く、しっかり導いてくれます。
中には着手金がかからず成功報酬のみの弁護士等、法的なアドバイスを専門的に扱える専門家もいます。
地域の役所や法務局などでも相談窓口がありますので、自分の足で行動してみると、意外とお金をかけずに手続きや申請ができることもたくさんあります。

 

自分の状況を自分なりに判断して諦めてしまうことは最ももったいないことですから、
解らないことは専門家や専門機関へ直接出向いて相談するのが一番です。

 

最も、後から後悔しないように離婚時に真剣に向き合い取り決めをしておくことが一番大切です。


ホーム