養育費が足りない場合に何か請求できますか?|養育費のトラブル解消

養育費が足りない場合に何か請求できますか?

 

養育費が足りない場合に何か請求できますか?

養育費は離婚時に決めたら変更できないと思っていませんか?

 

養育費は養育する親の為のお金ではなく、親と同等水準の生活や養育を守る為に子供に与えられた権利です。
従って、養育費が子供にとって不足している場合は離婚後でも変更することは可能です。

 

しかし、離婚時の取り決めの変更要求を受け入れるのは、養育費を支払う側からすればとても難しいでしょう。
ですので、養育費の変更等の要求はほとんどのケースで再度弁護士や裁判所を使うことになります。
そうならない為には、離婚時にしっかりと先々のライフプランや子供の養育プランを考え、不足しないように養育費を割り出すことが必要です。

 

しかし、子供の養育費は子供の意向によって変化するもの。
当然、母子家庭の収入と養育費だけでは賄いきれなくなるケースも少なくありません。
そんな時は、まずは国や地域からの支援制度等を見直してみましょう
離婚時にも一通り見直して頂きたいところですが、母子家庭に対する支援や割引等は想像以上に手厚いものもあります。
それらをしっかり活用できているか、まずは確認することです。

 

母子家庭に対する支援

養育費が足りない場合に何か請求できますか?
例えば、児童扶養手当や児童手当は有名ですが、東京都等、地域によっては児童育成手当や就学援助などの助成金があります。

 

また、支出の部分でも医療費の免除や都営バスが無料になったりします。
JRの通勤定期は3割引に、所得税や住民税、水道や粗大ゴミなども割引されます。
その他、ただでさえ安い公営住宅を更に負担軽減してもらえるなど、生活を支える手段はたくさんあります。

 

近所や周囲への目を気にする方も中にはいるかもしれませんが、生活や子供の為を考えるとどうでしょうか。
活用できるものはいかに活用して、少しでも豊かに周りとも同等それ以上に生活ができるように工夫する術を身に着けることの方が大切なのではないでしょうか。
上記の制度も申請しないと受けられないものばかりです。
生活は収入が全てではなく、要否を適格に判断してやりくりする自分の生活力もとても大切になります。

 

母子家庭でも周りとさほど変わらず生活できている方もいますから、その人たちと何が違うのか、比較してみると糸口が見えてきます。


ホーム