そもそも養育費とは?|養育費のトラブル解消

そもそも養育費とは?

養育費とは、子供が健やかに成長していくために必要なお金です。
子供を将来に渡り育てるのは親の義務です。
親はこの義務を果たすため、子供の衣食住や教育、医療などの生活を、自分自身と同じ生活水準を保ち育てることが求められます。
この義務に基づいて負担するお金が養育費となのです。

 

 

養育費の決め方

そもそも養育費とは?

養育費を決める時には様々な決め方がありますが、
まずは自分達で話し合って決めるのが一番です。

 

裁判所や法的にも基準はありますが、それぞれの家庭によって生活水準も価値観も異なります。
まずは自分達のライフプラン、そして子供に用意する養育プランも出しましょう。
すると、必然的に子供に必要なお金を出すことが出来ます。

 

次に収入を出します。
離婚時であれば、離婚後のお互いの収支プランを決めます。
その時点で妻が専業主婦でも、その後どうやって収入を得るのか、母子家庭への制度はどの程度受けられるのか、実家との協力体制は取れるのかなど、離婚後の生活を具体的にイメージすることです。
向こう20年程度のプランを出せば、その中でも子供の養育に関して必要なお金、そして生活としてもどれ程のお金が必要なのかもわかります。

 

それを実現できるよう、まずは子供を引き取る側が収入計画を立てましょう。
母子家庭への支援制度と父子家庭への支援制度もまだ差がありますので、どちらが引き取るかによっても必要なお金も変わりますし、収入も異なります。
そこでの不足分をもう片方が収入から補うように養育費を決めることです。

 

 

養育費の相場

そもそも養育費とは?

通常の養育費であれば、おおよそ一人当たり1500万から3000万と言われます。

 

しかし、これは均等に毎年かかるわけではありません。
離婚時のことだけを考えてしまうと、どうしても養育費は不足しがちですし、後のことばかり考えても額が大きくなってしまいます。
最もお金のかかる高校から大学のことまでしっかりと考え、養育費を決め、そして貯蓄や運用のプランを決めることです。

 

そうすれば、離婚後も安心して子供を育てることができ、自分自身の生活も計画的に守っていくことが可能になります。
離婚の取り決めも、揉めることなくお互いを尊重した形で別れることもできるかもしれません。


ホーム